2009年08月10日

牌譜解析ツールの開発状況

先日公開したオンライン天鳳牌譜解析ツール、
完成度がまだまだのため一切宣伝してないんですが、
結構使ってくれる人がいてます。
作者的にはとてもうれしいですね。

さて、解析ツールの当面の開発目標です。
1.間違っているデータの修正
2.おっかけ(追われ)情報の追加
3.良形・愚形の分類をできるようにする

あまり作業時間を取れないんですが、1と2は8月中に実装できたらいいなぁ。

そうえいば、ローカル版の「親かぶり割合」と「親かぶり率」の違いが分かりません。
被ツモのうち自分が親だった回数/被ツモ回数
が親かぶり割合?率?だと思ってるんですが、
どなたかご存じありませんか?
posted by idaten! at 00:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 開発日記
この記事へのコメント
はじめまして
素晴らしいツールですね。使わせていただいてます。

一つ個人的な要望なのですが、卓によってデータの抽出ができるとより良くなると思います。わずらわしいとは思いますが、よろしければご検討よろしくお願いします。
Posted by noname at 2009年08月11日 01:58
ありがとうございます。

卓の選択は選択肢が多くて場所を取られるのがイヤだったので未実装だったりします。
見た目はともかく、とりあえず追加しておきますね。
Posted by idaten! at 2009年08月11日 09:19
ツール作成お疲れ様です。私も天鳳のツール作成を考えているのですが、1点質問です。

私も一介のユーザに過ぎないので苦情とかではなく、半ば好奇心での質問なのですが、天鳳の有料版は牌譜がローカルに保存できて、その牌譜が解析できる、というのがメリットとしてあります。過去に非課金ユーザが牌譜を無理やりダウンロードできる方法が公開され、天鳳側がそれに対して対処したということがありました。

このツールや、牌譜変換ツールを使うと非課金ユーザでも牌譜の解析/ダウンロードができてしまうという点で、わりとスレスレだと思うんですが、その点つのさんに確認はとってあるのでしょうか?

1点、少し長くなってしまいましたが、気がむいた時にでもお答えいただければ幸いです。
Posted by at 2009年08月21日 23:21
>その点つのさんに確認はとってあるのでしょうか?

このツールの公開にあたって特に天鳳本家に許可はとっていません。

が、2ヶ月くらい前に質問をやりとりさせて頂いた時、無料版でも使えるツールの存在はお知らせしてあります。


ところで、私の把握している限り、牌譜変換ツールの非課金ユーザの利用はほぼ皆無だったはずです。
なぜ非課金ユーザでもダウンロードできると知っていたんですか?
とりあえず、牌譜変換ツールについては非課金ユーザが利用できないように修正しました。

>私も天鳳のツール作成を考えているのですが、
どんなツールを作ってらっしゃるんですか?
良かったら教えて下さい。
Posted by idaten! at 2009年08月22日 10:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31193038
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック