2009年10月09日

良形立直・愚形立直の分析

解析ツールの次の開発目標は立直時の良形・愚形のデータの追加ですが
開発はちょっと保留して、良形・愚形についての分析をしていきたいと思います。

と言うのも、場の状況を無視して良形・愚形データだけ分かっても意味が薄いと思うんですよ。
立直した順目、待ち牌の残り枚数など、場合によっては良形も悪、愚形も良し
とされる場面もあって良形率・愚形率だけではデータ不足だと思うんです。

かといって、データをたくさん出せば良いかというと、そうでもないと思いとは思いますが。

なので、いろいろ分析して自分の打牌の何をどう改善すればいいのかが分かりやすくて
形だけではない良立直、悪立直の判断基準になるデータを出せたらなぁ
なんて思います。

できればね。
posted by idaten! at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32798013
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック