2009年10月27日

雑多なデータ

グラフをいくつか作ったので、とりあえず張っておきます。これで終わりかな。
立直時、待ち牌の残り枚数と和了率など 立直順目と和了率など
レート別、立直時の平均残り枚数と平均順目 局開始時の(得点、順位)と和了率などレートと立直和了率の相関(待ち形、順目別)

若干ですが順位や得点が高いほど和了率が高いです。

相関については、

単騎待ちはレートが上がるほど、和了率が高い、自摸率も高い、でも放銃率も高い
両面待ちはレートが上がるほど、和了率が低い、自摸率は高い、放銃率も高い
3面待ちはレートが上がるほど、自摸率が高い

と、言えるかと。後はよく分かりません。
posted by idaten! at 21:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 麻雀分析の結果
この記事へのコメント
深緑の女魔術師と申します。

コメントさせて頂きます。

すべての記事を読み終えていませんが
大変興味的な話題の宝庫ですね。

天鳳って、東風荘に比べるツールがないので
作ってるひとを見ると尊敬してしまいます。

私もプログラマーなのですが、最近ようやく
JavaScriptをかじりはじめたので
手始めに、牌譜解析スクリプト(課金版天鳳に付属?)
のソースを解析して、何か作ろうと思ってます。

といっても、三流のPGなのでどこまでできるか
分りませんケドね・・・

これかも、ツール開発がんばってくださいませ☆彡

いじょう。
Posted by 深緑の女魔術師 at 2009年10月28日 21:52
コメントありがとうございます!

最近、私もJavaScript力が欲しいと思っているとこですが
つい、手に馴染んでいるjavaやphpを使ってしまいます。

天鳳(つのさん)のJavaScriptはとても参考になりそうですよね
私も勉強する時は読み尽くしてやろうと思ってます(笑
Posted by idaten! at 2009年10月28日 22:24
こんにちは
普段から牌譜解析使わせてもらい、非常に感謝しています
一つ要望として、直近〜戦での解析結果が見たいなと思いました
もし可能でしたら実装していただけると嬉しいです

色々面白いことにチャレンジしてるみたいなんで楽しみに待ってます
がんばってください(*´ω`*)
Posted by 日々感謝 at 2009年10月29日 15:14
了解です。
簡単そうなのですぐ作りますね。

今、偏差値を出せるバージョンを作っているので
アップデートはそれと一緒になると思います。
Posted by idaten! at 2009年10月29日 15:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33231866
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック