2009年11月02日

分析の成果

さて、やりたい事はいくらでもありますが、分析効率が悪く時間がたりないので
良立直、愚立直の分析はここまでにします。

個人的な成果はこんな感じです。
・javaからDBにアクセスする処理
・MySQLで100万件オーバーのデータ検索
・SQLで新しい構文を覚えた
・DBViewerを使えるようになった
・google chartを使ってみた

javaからDBへアクセスする処理は地味に良い経験だったかな。
技術的には調べるだけの話ですが、
ドライバーを用意したり、接続文字列を用意したり、クラスの使い方を覚えたり
一度やっておけば後は流用できるので次の機会があればその時、楽なハズ。


分析そのものの成果は無いに等しいですが、あえて挙げるなら

1.立直順目が早い
2.残り枚数が多い
3.残りの待ち牌に幺九牌が多い

と、和了率が高くなります。
影響度合いは上から順番に大きいと思えました。
そんなのは調べなくても分かっているので、
R2000付近の数値を出してみたって事になりますか…
んで、和了率が50%を越える分岐点は

残り3-4枚の立直で6巡目まで
残り6-8枚の立直で10巡目まで
残り9枚以上の立直で12巡目まで

こんな感じで、後は立直が3順遅くなると10%位和了率が下がります。
以上。



次は、放銃に関する分析をしてみたり、何切るをレベル分けしてみたり、してみたいですね。
押し引き判断もやってみたいんですが、分析で分かるものなのか…
posted by idaten! at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33361406
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック