2010年03月30日

麻雀AIが選択するのは

麻雀AIとは、麻雀上で可能な行動を選択できるプログラム。


と決めつけました。

では、具体的に何を選択するのか
麻雀上で自分の考えを反映できる行動と選択内容を洗い出してみます。



打牌
・どの牌を捨てるか?

立直
・立直するか?しないか?

副露
・副露するか?しないか?
・どの形で副露するか?

終局
・終局するか?しないか?



こんな所でしょうか?

それ以外の行動は自動的なので選択する必要はありませんが
その行動があったという情報はAIに入力する必要があります。

他の人(プログラム)に選択を迫られた時、
AIは入力情報をもとに行動を選択して答えるだけです。



判断するタイミングは他の人が勝手に選択を迫ってくるので
AIは気にしなくていいんですが
ちょっと考えてみると

・自摸後
・他家打牌後
・他家加槓前(暗槓も?)

の、3パターンあると思います。

加槓前というのが気分的に納得いかないので
加槓=打牌後に捨て牌を副露した刻子に加える行為風に内部で再定義して
2パターンにしようかと思ってましたが、それはそれで気持ち悪いのでやっぱやめました。
posted by idaten! at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36760676
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック